2014年10月31日金曜日

お弁当とレシピ本


アメリカにきて、子供が学校に行き始めてから毎日お弁当ライフです。1度だけ学校のカフェテリアでランチを買ったのですが、味覚が日本人の子供には合わなかったようで「もう絶対ランチ買わない」と言われてしまいました。レパートリーもあまりないし、日本のようなお弁当用冷食も自分で手作りして毎日試行錯誤です。飛田和緒さんのレシピは前から好きだったので、数年前にこんな本も買いました。今ではお弁当作りのバイブルになりつつあります。




これは旦那の分です。職場に電子レンジがあるので、電子レンジ対応のタッパーが旦那の弁当箱。子供は象印の保温ジャー3段重ね。2人はだいたい同じメニューです。
今日は、白身魚のフライ、コーンのバター醤油炒め、マカロニサラダ(上のレシピ本からです!)、そしてご飯と振りかけ。子供にはさらにぶどうもつけました。盛り付けはうまくなくてまだまだ勉強中です。毎日弁当箱を空にして帰ってきてくれるのを見ると嬉しくて、朝5時半に起きる活力になります。

0 件のコメント:

コメントを投稿